無職ピン太の日記

30代無職独身一人暮らしの日記

会社と家族にサヨナラ

こんばんは!
ピン太です


私は他人の生き方に興味があります
なのでテレビでは「ザ・ノンフィクション」や「ドキュメント72時間」や「NNNドキュメント」等を観てます。
特に「ザ・ノンフィクション」は大好きで毎週欠かさず観てます


去年特に面白かったのが「会社と家族にサヨナラ」ですね
他にも高円寺のオール365円のお店の話やウィリアムズ症候群の人の話
地下アイドルを頑張る人や地下アイドルを応援する人等面白い回は沢山ありましたが
特に「会社と家族にサヨナラ」は面白く録画してあるので何度も観ています


内容は元ニートの王様で有名なphaさんと漫画家の小林銅蟲さんのノンフィクションです


「あなたは働きたくないと思ったことはありませんか?」のナレーションから始まります
「ニート」と呼ばれてる人たちは現在「56万人」もいるそうです


観てて印象的だったのは(全体的に面白いですが)小林銅蟲さんに新年の抱負を聞いたら


「今年は死なない」と言ったのが印象的でした
「死ぬことには注意して生きてる」と言っていてなるほどそうだよなと思いました


人間順番通りに死ぬ訳ではないですからね
明日心不全や脳梗塞等で突然死ぬかも知れないし交通事故で死ぬかもしれない
又は突発的に飛んでしまうかもしれない・・・


誰にも解らないですよね
特に男性は「40代」で亡くなる方が多いように個人的には思ってますのでアラフォーの私としては気を付けたいところです


なので私の今年の抱負も「無事に生きて死なない」です


それとやはり小林銅蟲さんの
ネットで嫁募集したら本当に女性が来て同棲から結婚した事です


当時の彼はひきこもりでネットに漫画を描いてあげてたそうで
いくら漫画が面白いからと言って無職のひきこもりに彼女が出来て結婚までしてしまうという事に驚きました
「無職でお金もないひきこもりでも結婚出来るのか!凄い!」


でも番組を観てたら料理は得意だし頼りがいもありそうだし男らしいので結婚できても不思議ではない感じでした
とても魅力的にみえましたね


もう1人のphaさんは「生きづらいと感じている人には仲間が必要」みたいな事を言ってました
働きたくない。社会に向いてないというより人付き合いが苦手
そういう人たちは仲間をつくれば何とか生きられる的な


あと「面白い人には生きてもらいたい」とも言ってました


確かにphaさんの「ギークハウス」に住む住人は個性的で面白い人たちでした


その中で私が共感できたのは田島さんという方
「結婚願望はありますか?」という問いに対し
「それはありますよ」と
それと「いわゆる結婚式だと(堅苦しく)苦手だけどこういう感じ(ギークハウスでの結婚祝い)で良かった」


私もうつでそれどころではないですが結婚願望は少しはあります
それと結婚式が苦手っていうのが凄く共感できる
わざわざ礼服を着たりマナーだったり結婚祝いだったり鬱陶しいです


昔知人の結婚式に呼ばれましたが行きませんでした
これからも結婚式に行くことはおそらくないでしょう


私も無職で風呂にも入れず半ひきこもりみたいになってますがいつか結婚
とまで贅沢は言いませんがこんな私でも良いという方と巡り合いたいものです


それとphaさんは本も出していて私も「しないことリスト」は買って読んだのですが
テレビで観た印象は小林銅蟲とは反対に予想以上にダメっぽく見えました(笑)


引っ越し当日になっても作業をせずだらだらして友人の女性頼りだったり
小林銅蟲さんの結婚祝いなのに新婦ほったらかしでどんちゃん騒ぎしてたり


でも居場所のない人達の為に住んでいるビルの1Fを改装して自由に使っていいとか
仲間に仕事を紹介してあげたりだとか
懐の深さというか
そういうものは感じました


やっぱり魅力的です


それと結婚祝いで花束を渡したメイドさんも気になりました
良い腕してるなと(笑)
それと引っ越しの手伝いで来てた手島さん。まだ若いのに元猟師って
引っ越し屋さんも雑だし
ツッコミどころも結構あるので「会社と家族にサヨナラ」おススメです



あーphaさんや山奥ニートさんが着ている「だるいTシャツ」
あれ欲しいな
でも売物じゃないっぽいしな


それではまた