ピン太の日記

30代無職独身一人暮らしの日記

ダメな日

こんばんは
ピン太です




起きてペヤングを食べてボーっとしてました


今日は「ダメな日」だってわかりました


もう何もしたくなかったですが何とか重い体を動かし米だけは炊きました


昨日は訪問看護の日で気を張ってましたしその反動かも知れません


職員さんには「出来る事も増え表情も変わってきた」と言われ記録されましたが実際はそんなことないです


昨日は買い出しに行けて調子が良かったですが今日は全然ダメ


この気分の落ち込みは何なんだ?


あ、うつだからか


客観的に見たら大丈夫に見えるかも知れないですが実際は全然ダメ


「意味もなくメンがヘラる」


それがうつ病


こんなんで明日一週間振りにシャワー浴びれるだろうか?


またシャワー浴びれず振り出しに戻るかも知れない


もうダメだ・・・



うつになる前は理由も意味もなくメンがヘラるなんて事はなかった気がする


脳の病気だからもう治らないかも知れない


昨日は職員さんに「40代、50代で死ぬかもしれない」って言ったら笑われました


それと働くこともちょっと言われました


私からすると「望む望まないに関わらず40代、50代で死ぬ可能性は普通にある」と思っているんですけどね


「今は100歳まで生きる人もいるんだよ」って言われましたが寝たきりや胃瘻で生きながらえてもなあと思いました


健康な100歳なんてほんの一握りで健康とは無縁の食生活をおくっている私からしたら関係ないなって感じましたね


社会復帰の話も少しでましたが、それは病気が良くなってから考えたいと思いました


普段「生ける屍」みたいな生活してて仕事も何もないだろうと


それでも自分に向いてる仕事とかやりたい仕事はないのか?と問われ「人間関係の希薄な単純労働なら向いてるかも」と答えました


寿命と仕事に対する価値観みたいなものに相違を感じました


仕事なんて出来ないなら無理してしないでいい。それくらいに今は思ってます


無理して我慢して働いてきた結果がこれなんだから


流石に学習しましたよ


なので「もう無理して嫌々働くのは辞めます」と職員さんには言いました


仕事がどれも大変なのは解るけどそれとこれとは別


嫌な事を毎日嫌々して生きるってそんなマゾな話はないだろうと


辞めた今だから気付けたんですが



人間いつ死ぬか解らない


仕事は今はまだ考える時期じゃない


そう思ってます


とは言えやっぱり話し相手がいるのは良いなと思いました




まとまらない感じですが「今日はダメな日」という事でここで吐き出させてもらいました


今日良かったことと言えばノーマネーでフィニッシュくらいでしょうか


出来れば金曜までノーマネーで行きたいですがダメかも・・・
(自分ルールでコンビニは週2回、土、日はOK)


この調子じゃまた平日にコンビニに行って無駄遣いしてしまいそうだ


あー明日は調子良いといいな


で、シャワー浴びたいな


職員さんには「あまり気負うな」と言われましたがやはりそこは大きい






あ、関係ない話ですが昨日ハンターハンター立ち読みしました
カミーラ様来ましたね!素敵でした!
どうでもいいですね(笑)


それではまた


ごきげんよう