無職ピン太の日記

30代無職独身一人暮らしの日記

思ったこと

こんにちは
ピン太です


昨日はうつでだるくてダメな一日でした


買い出しにも行けず仕方なくコンビニへ


無駄遣いしてしまった・・・


前回の日記ですがあれから色々考えたのですが、ちょっと悲観的になりすぎたかな


と、思います。


「認知のゆがみ」というんでしょうか?


確かに「無職」で何してるか解らないって客観的にみたらダメかも知れないけど実際そこまで本当にダメなのか?腐ってるのか?


私の場合はうつで満足に数少ない趣味の読書すら出来ず日々くすぶってますがそれがダメなのか?


別に家族や周りに迷惑かけてなきゃどんな生き方をしようが構わないんじゃないか?


友人の人生は私から見たら充実してるように見えるけどそれは「友人の人生であって私の人生じゃない」ですからね


極端に言えば他人は関係ないというか自分が良ければそれでいいじゃないか


良いとまではいってなくてもどうしょうもない事を考えても仕方ないじゃないか


人生なるようにしかならない


私だって会社を辞めて無職になるなんて想像すらしてなかったし考えても仕方ない事はある


それに結婚とかしたいな~なんて漠然と考えてたけど、よくよく考えたらすごく面倒くさい気がしてきた


相手の人生に責任持てるのか?とか子供が出来たらちゃんと育てられるのか?とか色々


1人は寂しいけどでも独りが向いてる気もする


「社会と私には齟齬があるので」


でも独りのままだと寂しいのでこうしてネットに日記を書いてみる


その内共感してくれる人が出てくるかもしれない


今はまだ読んでくれている人は少ないけどここから何かが広がることだってあるかもしれない


それによく考えたら友人は毎日電車で通勤ラッシュ地獄


最近は残業減ったと言ってるがちょっと前まで毎日すごい残業してた


今では残業代で稼いでたんだなって給料の低さを嘆いてた


そんな毎日を過ごしたいか?と考えたら私は「NO」だ


何もないが穏やかな毎日の方が良い


周りからどう見られるかとか関係ない


周りのいう事を聞いてたらそいつらはもしそれで失敗した時責任取れるのか?


勿論とれないしとらない



「こうなりたいな」とか「ああなりたいな」とか感じてしまうのは仕方ないが、努力したとしても自分もそうなれるとは限らないのであまり無理や期待をしてはいけない



マイペースに無理なく自分の好きなことをして過ごすのが一番だろう


日記を書くのは好きなので読者がどれだけ少なくてもこの日記は続けたいと思う


紙に書くよりも楽だしノートがかさばらないし、いざとなったら楽に削除できるし、共感してくれる人との広がりがあるかも知れないし、この日記を書き続けるだけでも何か意味があるかも知れないし


例え何の広がりがなくても日記は自己満足で書いてる訳だから構わない



今年は変わりたいと言ってきたが無理なく自分のペースで、だ


あまり期待しすぎるのは良くない


ロードス島戦記のカーラではないが「中庸」が私には向いている


天秤が大きく傾かないように均等を保っているような状態が私にはお似合いだ


天秤が大きく傾かない為にたまには少し揺らしてみたりするのも良いだろう


さて、今日は買い出しに行けるのか?


今のところ面倒くさいから引きこもるかまたコンビニになりそうだ